住吉でロリカリア

2005(平成17)年以後特保の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような一文の表記が義務化している。
世界保健機関(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-Aの極度の浴び過ぎが皮膚病を誘引するとして、18歳以下の若い人が日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を世界各国に提起している最中です。
気分障害の一種であるうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、強い憂うつ感、不眠強い疲労感、食欲の低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が見られるのです。
マスクが欠かせない花粉症とは、杉やヒノキ、ブタクサなどの大量の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・頭重感・喉の痛み・鼻水などのアレルギーを発症させる病気だということは、今や常識となりました。
「肝機能の衰退」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3つの数値によって知ることができますが、ここ数年間で肝機能が悪くなっている人数が明らかに増加しているということが分かっています。
男性にしかない前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンがとても密に関わっていて、前立腺に発生した癌も同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)の働きによって成長してしまうのです。
規則正しい穏やかな日常生活、食べ過ぎないこと、無理のない運動やスポーツ等、古典的とも思える体についての取り組みが老化対策にも関わっているということです。
ライブの開催される場内やディスコなどに設けられた特大スピーカーのすぐ近くで大音量を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と称しています。
痩せたいために1日の総カロリーを控える、1日3食のうち1食を飛ばす、というようなライフスタイルを続けると結果として栄養までもを不足させ、酷い冷え性を誘発する事は、色んな媒体で危惧されています。
アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を悪化させたり突然変異を招く悪質な物質を体の中で解毒し、肝臓の性能をより強める性質が分かっています。
心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなって、血液の流れが止まり、栄養や酸素が心筋に配達されず、筋肉細胞が壊死する重い病気です。
現在、若い世代で結核(けっかく)に対抗する免疫、すなわち抵抗力を持たない人々が多くなったことや、診断が遅れることなどが主因の集団院内感染が多くなっているようです。
悪性腫瘍である卵巣がんは、普通ならば人の体をがんから保護する役割をする物質を産出するための金型のような遺伝子の異常が引き金となりかかってしまうというのは周知の事実です。
狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス術」という2種の技法が高い頻度で扱われています。
肝臓を元気な状態に維持するには、肝臓の有害物質を無毒化する力が衰えないようにする、分かりやすく言うと、肝臓のアンチエイジング術をおこなうことが重要だと言われています。